《基礎知識》漢方って一体なに?

みなさんは「漢方」についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?実は、冷え性や生理不順など、女性の不調を改善するのにもってこいの方法なのです。今回は、そんな漢方について少しでも知っていただけたらと思います。

漢方の基礎知識

漢方薬とは、自然界にあるの生薬を、原則として複数組み合わせてた薬です。
現在の漢方製剤は、従来通り自然界の生薬を利用していますが、服用しやすく保存ができるように製剤に加工されています。

日本の病院で処方される漢方薬の多くは、健康保険が適用される「医療用漢方製剤」で、148処方が厚生労働省に承認されています

漢方は実は日本育ち?

「漢方」とは、日本独自の呼び方です。この呼び方は、江戸時代にオランダから入ってきた「蘭方」と区別して、漢方(漢王朝の漢に由来)と呼んで区別するようになりました。中国では、「中医学」とか「中国伝統医学」と呼ばれています。

日本に漢方の医学書が伝わったのは5~6世紀ごろですが、その後室町時代ごろまでは中医学にそって医療がおこなわれていました。それ以降は、日本で独自の発展を遂げました。

現代医療で用いられている漢方医学や漢方薬は、日本独自の医学と言えます。

中国の漢方と日本の漢方の違い
中国の漢方は、一人ひとりの患者の体質や症状によって薬の処方がおこなわれますが、ほとんどの薬は、患者が煎じて飲むのが特徴です。

日本の漢方は、エキス剤が中心で手軽に服用しやすいのが特徴です。

漢方の処方で行われる「四診」について

医師が五感を駆使して診断をくだすのが、漢方独特の診察方法で、「四診」といわれます。

  1. 望診
    顔色や皮膚の色、舌の様子をみます。視覚を用いた診察です。

  2. 聞診
    声の大きさや、においをもとにみます。聴覚と嗅覚を用いた診察です。

  3. 問診
    病歴や既往歴を尋ね、寒がりか暑がりか、大食か小食かなどの体質傾向を質問をします。

  4. 切診
    脈やお腹に触れて様子をみます。触覚を用いた診察です。

漢方薬はどこで手にはいるの?

漢方薬はドラッグストアや病院で手に入ります。

薬局の漢方薬と、医療用漢方薬の違いは?
薬局やドラッグストアでは、個人の判断で薬を買うことができますが、医療用の漢方薬はお医者さんに診断してもらってから、処方されます。

薬局の漢方薬は、医療用漢方薬よりも構成している生薬は少なくなっています。
また、医療用の漢方薬は、抽出エキス100%で、効き目が強く、薬局の漢方薬は抽出エキス50%で作ることができ、効目は緩やかです。

医療用漢方薬は、一部の漢方薬で保険が適用されますが、薬局の漢方薬は保険が適用されません。

症状別!漢方の選び方

興味はあるけど、どんな漢方を選んだらいいか分からない!と言う方に向けて、PMS・冷え性・便秘など症状別の漢方の選び方についてまとめました。ぜひご参照ください。

はじめての漢方!「お悩み別」漢方の選び方を紹介

2018.05.13

オンライン保健室・Peer(ピア)は、がんばる女性の安全地帯。メディアを通して医師に相談ができたり、かかりつけのクリニックを探せたり、同じ悩みを持つ仲間に出会ったり、そんな女性の健康を支えられるサービスを目指しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です