体の芯からポカポカ♡体を温める食材を使ったレシピ集

冷え性

旬の食材は、それぞれ体の不調を改善する力を持っており、ひと昔前までは食べ物は薬と同じ働きをしていました。
現在では、季節に関係なく様々な食材が手に入るようになり、今私たちが口にしているものが、いつの旬の食べ物かもわからなくなってしまいました。
それに加えて、ダイエット目的などで生野菜のサラダや低カロリーの食事を続けていると、体は栄養不足と冷えで悲鳴を上げています。
食事を見直し、体を温める食材を用いたバランスの良い食事を摂りましょう。

■冷え性と食材の関係性について

薬膳の基本はまず、消化機能を整えることです。
食べ物を消化吸収するのは胃腸ですが、胃腸の働きが弱っていると、代謝機能が乱れてしまいます。
美容のために良いと思い込んで、毎日食べていた冷たいヨーグルトや果物が原因となって、
消化機能が衰え、老廃物などをスムーズに排出できない体が徐々に作られていたことに気づきましょう。
知らず知らずのうちに、若い女性の多くが美容やダイエットのために摂った食材が原因で冷え性なってしまっています。
冬はなるだけ体を冷やす食材をさけ、体を温める里芋や山芋、にんじんなど土の中で育った根菜類を煮物やスープなどにして食べると、体が温まり代謝ががよくなって、冷え性が改善できます。

■体を温める食べ物と冷やす食べ物の見分け方

薬膳では、体を温める「陽」の食材と体を冷やす「陰」の食材、どちらでもない「平」の食材に分けて、個人の体調や季節に合わせて食事を作ります。
体を温める食べ物と冷やす食べ物の見分け方は、暑い地方で収穫された野菜や果物や、夏が旬の食材は、体を冷やすと言われています。
逆に、寒い地方で収穫された野菜や果物や冬が旬の食材には体を温める働きがあります。
また、野菜や果物の色でも、体を冷やす食材と温める食材を見分けることができます。
一般的に青や白、緑が冷えを呼び、赤や黒、オレンジが温める効果があると言われていま
す。
体を温めるとともに、体全体のパワーアップに効果的な食材が黒い食財です。
黒砂糖、黒ゴマ、黒豆、昆布、黒きくらげ、ヒジキ、ワカメ、黒酢などが生殖器の機能を高めると言われています。

・食材の「五性」についてと
食材は、寒性、涼性、平性、温性、熱性の5つに分けられます。
薬膳では、これらの食材が持つ特性を生かして調理し、適量を摂取することで体調を整えていきます。
体を冷やすことで体内の余分な熱を取り去るのが寒性や涼性の食材で、体を温めて気や血の流れをよくして新陳代謝を高めるのが温性や熱性の食材です。
平性の食材とは、温めも冷やしもしない中間のもので、小豆や大豆、キャベツ、ブロッコリー、じゃがいも、シイタケ、シメジ、牛肉、豚肉、ウナギ、カツオ、ブドウ、などです。

■体を温める食べ物

野菜では、カボチャ、タマネギ、ニラ、ネギなどや薬味のショウガ、赤唐辛子、ニンニク、コショウ、シナモンなどが体を温めてくれます。
肉や魚などでは、サケ、アジ、サバ、エビ、タコ、イカ、鶏肉、羊肉などです。
また、クルミ、クリなども体を温める作用があります。

■体を冷やす食べ物

夏野菜や果物では、トマト、キュウリ、ナス、セロリ、レタス、ゴーヤ、トウガン、パイナップル、パパイヤ、マンゴーなどです。
また、ワカメ、ヒジキ、コンニャク、ハマグリ、アサリなどやチーズやバター、ヨーグルトなども体を冷やします。
白砂糖や白米、漂白されたパンなども体を冷やします。

*食べ物にも陰と陽がありますが、薬膳の知識があると一年を通して理想的ない体作りができます。

■体を温める食材を使ったレシピ

いつものおかずにもう一品、冷え性を予防する体を温める食材を使って、食卓に乗せましょう。電子レンジで数分でできる簡単な物を集めてみました。

・カボチャのガーリックソルト風味焼き
耐熱皿にスライスしたカボチャを並べ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで加熱し、市販のガーリックソルトを振る。

・タマネギのおかかバター
タマネギ1個を6~8等分して電子レンジで加熱し、熱いうちにバターを乗せ、カツオとしょう油をかける。

・ニンジンのキンピラ
ニンジンを細く切り耐熱容器に広げ、ラップをかけて電子レンジで加熱し、砂糖としょう油ゴマ油少々とすりゴマを混ぜ合わせる。

・ベジタブルチップス
じゃが芋、さつま芋、ニンジン、レンコン、など余った根菜類を薄く切り、塩水に放してアクを抜きます。その後ペーパータオルなどで水気を取り、乾いたペ-パータオルの上に並べて塩を振り、ラップをかけずにパリッとするまで電子レンジで加熱する。

まとめ

体は正直です。
食べ物の過不足や、体への良し悪しなどに気をつけながらバランスの良い食事を心がけると、体の不調は改善され、本来の力を取り戻していきます。
自分の心と体に向き合って、自分の体が欲しているものを体に与えてあげましょう。
冬は体を温める食材を、夏は体を冷やす食べ物を摂るのが基本ですが、夏にも冷えを感じる人は、温かいものを摂るようにしましょう。
簡単な薬膳は数分で作れます。気軽に作って冷え性を改善し、元気な体を維持しましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧