【タイプ別】PMS(月経前症候群)の特徴・乗り越え方

PMS(月経前症候群)

生理が始まる一週間くらい前から、心身に様々な不快な症状があらわれるのが、PMS(月経前症候群)です。
一定の周期である程度の年齢まで付き合わなければならないのが、生理痛や生理にまつわるトラブルです。
少しでも快適に過ごすために、身近な食材を使った薬膳や、生薬を用いた薬膳茶を暮らしに取り入れてみませんか?

■PMS(月経前症候群)の症状

ささいなことにイライラしたり、怒りっぽくなったり、集中力がなくなるといった精神的な症状や、めまい、吐き気、頭痛、腰痛、下腹部の張りや痛み、便秘や下痢、肌荒れや、乳房の痛みなど人によって様々な症状が起こります。

・原因と対策は?
月経前にホルモンの分泌が過剰になるため起こると言われていますが、体質や環境などが考えられます。
日常生活に支障をきたすほど苦痛な場合は、婦人科の受信が必要ですが、生理がはじまると消える場合は、自分なりの気分転換をしたり、十分な睡眠をとり、体を休めるなどでも症状が緩和されます。
また、食事も関係してくるので、自分の体質に合った食材を使った食事を作ることが薬膳となります。
下記のタイプ別のおすすめの食材を用いて、工夫して薬膳を作ってみましょう。
生薬は、いつも飲む紅茶やハーブティーなどとブレンドして飲むと,漢方の効果を得ることができます。

■タイプ別PMSの対処法 

中医学的に見ると、PMSは以下のようなタイプに分けられますが、適切な薬膳や漢方を用いることで、不調を解消することができます。

・気虚
生理前に疲れやすく、めまいがおこりやすいタイプです。
免疫力が低下気味で、慢性的にエネルギー不足が続いていると考えられルため、生活習慣を見直し、休息時間や睡眠時間を増やすようにしましょう。
疲れを感じたらこまめに休息を取り、腹巻やカイロでお腹を温めるとよいでしょう。
おすすめの食材は、カボチャやキャベツ、ネツメ、うるち米、サケ、サバ、イワシ、鶏肉、クリ、ゴマ などです。生薬では陳皮、冬虫夏草、甘草などです。

・気滞
生理前にイライラしやすいく、乳房が張りやすいなどの症状が起こりやすくなります。
気のめぐりが滞っているため、自律神経のバランスが崩れやすく、PMS(月経前症候群)の症状がおきやすいタイプです。
適度な運動で汗をかき代謝をよくして、リラックスする方法をみつけましょう。
イライラしたりストレスを感じたら、腹式呼吸をして気持ちを落ち着けましょう。
効果的な食材は、ダイコン、タマネギ、ニラ、ニンニク、セロリ、ピーマン、ミカン、キンカンなどです。生薬では、葛根、桂皮、陳皮などです。

・血虚
生理の経血が少なく、貧血気味で冷え症のタイプです。
血が不足すると、体中に栄養が行き届かず、精神的な不安感がひどくなります。
血液は睡眠中に作られるので十分な睡眠をとることが大切です。
夜は早めに眠るようにし、疲労をためないようにしましょう。
意識して摂りたい食材は、キクラゲ、ニンジン、カボチャ、ブドウ、プルーン、ナツメ、アサリ、カキなどです。生薬では、クコ、人参、当帰などです。

・瘀血
生理痛がひどく、生理の経血にレバーのようなかたまりが出ることがあるタイプです。
血がスムーズに流れずに滞っているため、肩こりや生理痛、目の下のクマなどの症状に
悩まされます。
半身浴などで体を温め、運動を生活に取り入れましょう。
おすすめの食材は、タマネギ、レンコン、サトイモ、キクラゲ、クロマメなどです。
生薬では、紅花、山査子、当帰、益母草などです。

・陰虚
イライラしやすく、手足がほてったりのぼせることがあります。
体に必要な水分が不足し、肌が乾燥する傾向にあるので、体に潤いを与える野菜や水分を十分に補給しましょう。過労やお酒の飲み過ぎに気をつけましょう。
摂りたい食材は、菊花、ニンジン、ヤマイモ、アスパラガス、ウメ、スイカ、イカ、タコなどです。生薬では、桑葉、五味子、セッコクなどです。

・痰湿
全身に水分が行きわたらず、老廃物が排出できないタイプです。
生理前には、むくみや肌荒れに悩まされます。
冷たい食べ物は避けて、さ湯などを飲んで利尿を促しましょう。
おすすめの食材は、キクラゲ、ゴボウ、ダイコン、ハクサイ、イチジク、バナナ、ダイズ、ワカメなどです。生薬では、山査子、仏手、冬瓜皮などです。

■PMSと上手に付き合う方法

生理前になると「もうすぐ生理だ憂鬱だなぁ」と思うクセがついていると毎月、思考回路がマイナーに働きます。「生理は最高のデトックス」と思えばポジティブになれます。
生理前や生理中の冷えは、痛みが増すので、使い捨てカイロや湯たんぽなどを用いて冷え対策を万全におこない、軽い運動などで血行を促進するようにしましょう。

まとめ

生理に関する悩みは、多くの女性が抱えています。
生活習慣を見直し、冷えを防ぎ、自分の体に合った薬膳を摂ったり、漢方の生薬を用いることで、生理に関する悩みを和らげることができます。
女性が男性よりも平均寿命が長いのは、生理でデトックスができるからという説もあるので、あまり憂鬱がらずに対処しましょう。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧