記録するといいことたくさん*「基礎体温表」をつけるメリットと測り方

妊娠・避妊

「基礎体温」っていう言葉は聞いたことがあるけど、一体なんのことなの?って思っている方も多いかもしれませんね。あまり必要性を感じないという方もいると思いますが、実はさまざまなメリットがあるのです。赤ちゃんを望んでいる方は、より知っておくと便利な知識になってきます。

今回は基礎体温の測り方やメリットについて知っていきましょう。

基礎体温とは

朝、目が覚めた時にお布団から出る前の安静にした状態で測った体温のことです。その毎日測った体温をグラフ化すると病気や体調の変化などが分かります。

通常基礎体温は低温期・高温期の2層にわかれています。それが平坦だったり、高温期が短い、などと読み取ることで婦人病を速やかに発見することができるのです。

そして妊娠が発覚すると必ず基礎体温をつけることを勧められます。妊娠したかどうかも基礎体温のグラフで予測することができます。

基礎体温表をつけるメリット

隠れた病気を発見することができる

無排卵、黄体機能不全などの疑いも基礎体温グラフから予測することが出来ます。

妊娠しやすい日がわかる

月経が終わり、体温が下がり始めたころからが妊娠しやすい時期です。

排卵日が予測できる

低温期の中でも一番体温が低い日の後が排卵日ということがわかります。

生理予定日が分かる

健康な人であれば、高温期が14日程続いたら低温期になり、生理が始まります。

ホルモン分泌が正常かどうかの目安になる

ほとんど変動がなくフラットの場合は、排卵していない可能性があります。

基礎体温の測り方


1.目覚める
2.寝たままで口に体温計をくわえる
(舌下に体温計を差し入れ、真ん中当たりで計測)
3.体温計を確認⇛グラフに記入する
(その際、体温以外にも体調や気分などもメモしておくとのちのち参考になります)



付けはじめは測ることを忘れてしまったり、なかなか習慣化することが難しいかもしれません。まずは体温を測る習慣を付けることが大事です!基礎体温表を目覚まし時計の近くに置くなど、測り忘れがないように工夫をしてみましょう。

妊娠以降も基礎体温を測った方が良い理由


めでたく妊娠が発覚しても、基礎体温を測るのには意味があります。それは流産していないかの目安にもなるからです。

妊娠12週よりももっと前に基礎体温が下がってしまった時は、悲しいことですが流産の可能性があるのです。測定していれば目安にはなりますので、安心するためにも測りましょう。

また赤ちゃんに異常があった時や、自分自身の体調にも気がつくきっかけとなりますので、3ヶ月くらいは測っておいたほうがいいとのことです。いろいろな不安がよぎりますが、神経質になりすぎてもよくありません。目安程度に、リラックスして体温の変化を記録しましょう。

ルナルナ「体温ノート」がおすすめ!





基礎体温表を普段からつけていれば、なにかしら不調があった際に先生に相談しやすくなります。婦人科を受診する際に持参しましょう!

初めてで不安があり方は、ルナルナの「体温ノート」がおすすめです。大きくシンプルな画面で、眠くても毎朝の記録に迷わずにできます。データ転送機能が付いた基礎体温計なら、スマホに近付けるだけで簡単に記録できます。




◆基礎体温グラフの印刷機能で通院時も便利
◆生理日・排卵日前の通知機能で忘れない
◆体調変化もメモしておける
◆基礎体温の基礎知識
◆アラーム機能で毎朝の計測をサポート
◆妊活&体調管理についての アドバイスコラムを配信(一部有料)
◆データのバックアップ機能で安心

▼ダウンロードはこちらから
App Store

Google Play

医師からのアドバイス


月経不順がある方や妊娠を希望している方は基礎体温を付ける事をお勧めします。採血や超音波と同様に診断材料の一つになります。産婦人科を受診するまでに3カ月分の基礎体温表があると診察する上で非常に助かります。

妊娠した後も基礎体温を付ける方もいますが、日々の変化に一喜一憂する事はお腹の赤ちゃんに決してプラスではありません。何か気になる事があれば受診をお勧めします。

(産婦人科医・佐藤先生)

ピックアップ記事

関連記事一覧